1. トップ
  2. 講座を探す
  3. ロジカルプレゼンテーション~実務に役立つ資料作成術~

ロジカルプレゼンテーション~実務に役立つ資料作成術~
  • 2024年8月5日(月)09:00-17:30 / オンライン開催

講座情報

対象層
  • 中堅
  • 管理職
  • 若手
  • 部長・経営者
講師名 井對 孝徳(いつい たかのり)
価格 44,000円(税込)※チケット利用の場合:100枚
内容 プレゼンテーションの機会に対応するための研修。
人を動かすために「何を伝えるか、どう資料にまとめるか、いかに話すか」を学ぶことが出来ます。
ビジネスは、社内外の関係者を説得して動かさなければならないシーンの連続です。顧客に自社商品を提案する、上司に業務の改善提案をする、協力会社にプロジェクトの進捗を説明する、これら全てがプレゼンテーションです。本講座では、プレゼンテーションの骨子を論理的に組立て、わかりやすい資料に落とし込み、要点を押さえてプレゼンできるよう、各種ポイントを実践的なケーススタディを通して習得します。

こんな人におすすめ
・資料に何を載せるべきか悩むことが多い方
・見た目はきれいで情報も多いが、わかりにくい資料だと言われることが多い方
・話し方や立ち居振る舞いに個人のクセが出過ぎていると指摘される方
・プレゼン時の話が長くなってしまい、要点をおさえることができない方

期待される効果
・シンプルだが、主張内容が要約されており、相手にとってわかりやすい資料が作れるようになる
・効果的な話し方、落ち着いた立ち居振る舞いによって、プレゼンをより引き立てられるようになる
・要点をおさえた簡潔で効果的なプレゼンができるようになる
コースの流れ ■事前学習(Webラーニング)
ロジカルシンキングのポイント概要(所要時間約20分)

■研修
1)分かりやすいプレゼンテーションとは
2)資料の作成
3)プレゼンテーション

申し込み方法

  • 01

    申し込みページにアクセス

    下記の申し込みボタンをクリックして申し込みページにアクセスし、受講者情報をご入力ください。

  • 02

    決済する

    受講登録後に自動的に決済画面へ移りますので、参加費用の決済を行ってください。会社から配布されたチケットコードをお持ちの方は、お支払い方法蘭で「チケットコード」を選び、配布されたチケットコードを入力してください。

  • 03

    ご登録完了

    決済完了しましたら、お支払い完了メールが送信されます。この時点で、正式に講座のお席確保となります。
    ※詳細な操作方法は以下のマニュアルをダウンロードしてください。
    受講マニュアル[PDF]

  • お支払い完了メールが届かない場合は、お手数をお掛けしますが、次のメールアドレスにご連絡ください。jp-inquiry-precena-academy@precena.com
  • 同業他社の方の参加はご遠慮いただいておりますので、ご了承ください。
  • お申し込み人数が最少催行人数に達しなかった場合、開催中止となります。予めご了承ください。
  • 決済完了後の自己都合によるキャンセルは、返金いたしかねますので、ご了承ください。
  • 特定商取引法に基づく表記はこちら

講師情報

井對 孝徳

Takanori Itsui

  • コンサル出身
  • 寄り添い導く
  • 講義内での体験談が豊富
井對 孝徳

学歴・職歴

・埼玉県出身
・京都大学理学部卒業
・中小企業診断士(休止中)
・カーギル・ジャパン、BASFジャパンにて、産業財の営業・マーケティング業務に従事。その後、アーサー・ディ・リトル・ジャパン、経営共創基盤にて、プロジェクト・リーダーとして、製造業、サービス業の中期経営計画、新規事業戦略策定、業務改善、総合商社やファンドによるM&Aにおけるビジネスデューデリジェンス等のコンサルティング・プロジェクトに従事
・その後、プレセナ・ストラテジック・パートナーズに参画

講師からのメッセージ

論理的に主張や資料を作ることやプレゼンテーションを行うことに対して、「苦手意識を無くしたい」「もっとうまくできるようになりたい」と思われている方にぴったりの講座です。

プレゼンテーションは「わかりやすく主張を作る」「わかりやすく資料を作る」「わかりやすくストーリーを作る」「適切な立ち居振る舞いで、わかりやすく話す」の4つのパートに分けて考えることができます。演習と解説・フィードバックを通じて、それぞれのパートのポイントをわかりやすくお伝えします。

この講座を終えた後には、資料やプレゼンテーションについて、何をどのように準備すればよいかを理解でき、その準備をしっかり行えば自信をもって臨めるようになるでしょう。